ナマケ菌も退散

蒸し暑さですっかり抵抗力がなくなった身体がナマケ菌にやられていました。典型的症状としてやる気の急降下、やたら眠い。しかしなぜか楽しいことがあるととたんに元気が出るのも特徴。

行ってきました楽しい旅に。恒例女旅4人衆による伊豆赤沢温泉ツアーでナマケ菌はどこにいったやら。

赤沢温泉ホテルはチェックイン前でもホテル横の日帰り温泉館が利用できます。こちらの露天風呂は眼下の海と湯船が一体化したような開放感があってすばらしぃ~。DHCの経営なので、館内のお風呂場ではDHC化粧品が使い放題、それに脱衣所のバスタオルとハンドタオル、ボディタオルも使い放題なので、お風呂に行くたびに部屋からタオル類を持っていく必要がないのは高ポイント。お風呂は日帰り温泉館のほかにもホテル内に2ヶ所あります。屋上の展望露天風呂はこじんまりとしていて、小グループでしゃべりながら入るにはもってこい。

いまや女旅恒例となったエステめぐり。今回は日帰り温泉館内「花の部屋」で「ビタミンカクテル」なるトリートメントを受け、ハリの無くなったお肌にビタミン注入してリフレッシュ。夕食後にはタイ式リフレクソロジーも。

a0035678_21303665.jpgお部屋はオーシャンビュー。4人には十分すぎる広さ。夕食の会席は量的にはおなかいっぱいになるほどではなかったけれど、一品一品に手がかかっていて美味でした。朝食のおいしさとボリュームには驚きです。バイキングですが、こんなに種類が豊富な朝食はちょっと無いかも。デザートのカスタードプリンまでしっかりいただいて満腹~~~。

今回の旅では、自分たちよりも少々年齢が上の先輩方の小グループがたくさんいらっしゃってました。ま~かしましいこと。露天にうつるンですを持ち込んで(いいのか?)ポーズを決めて写真を撮ってたり(誰にみせるんじゃ?)頭にタオルを載せて湯船につかる元美女3人組にシャッター押してとお願いされたり。しまいには「あなたたちも撮ってあげるわよ~。遠慮しないで~」だって(爆)さすがにお断りしましたが。

自分たちはまだまだコノ域には達していないと自負したものの、もしかして10年後は自分たちも湯船で記念写真撮ってるかも・・・との思いがよぎったのは私だけではありませんでした・・・。「自分たちの将来を見ているようだわ・・・」とボソッとつぶやいた友達の言葉に一同大爆笑でした。

楽しい時間を過ごしている間写真を撮りまくるのはあまり好きではないのでほとんど撮りませんでしたが、一泊二日、エステで磨きのかかった?女4人衆は思い出を胸に再び俗世へ戻っていったのでした。

a0035678_2133330.jpgこれおいしいですよ。伊豆高原駅 伊豆柏屋の栗むしようかん。現物はとっくに腹の中。
今までいろいろな温泉街のお土産を買ってきましたが、伊豆のお土産はおいしいものが多いと感じました。スキー場のお土産とは比べ物にならないほどおいしい。


何でわかるかって? 日帰り温泉館のお土産やさんでは、ほとんどすべてのお土産が試食できるのですっ♪←やっぱりオバサン街道まっしぐらね。
[PR]
by earthquest1120 | 2007-07-03 09:36 | Watashi のじかん


東京郊外のマンション暮らし。watashiの何気ない毎日。いまはワンコカテゴリーとつぶやき系でのんびり更新中。


by earthquest1120

プロフィールを見る
画像一覧