カテゴリ:Eigoは いかが?( 13 )

先生に恵まれて

話が少し元にもどります。

ottoの転勤により引っ越した先で初めて英語学校(英会話スクールとはまたちょっと違いました)に通うことになりましたが、それから現在まで先生にはとても恵まれていると思います。

駅前留学のような大手ではありませんでしたがその英語学校は先生選びにこだわりがあったようで皆さん英語教授法の資格を持ったまじめな人たちでした。ただ、賃金のわりに拘束時間が長いためか、それが不満で入れ替わりがあり2年半で3人に習いました。アメリカ人のマイケル、イギリス人のジョイ、オーストラリア人のアリソン。一口に英語と言っても発音の違いに驚いたものでした。
月謝制で週一のクラス担任制だったので個人の弱点も分かってもらえましたし、文法にも重点を置いていたので毎回違う先生と挨拶で終わることも無く丁寧に教えてもらえました。ジョイには学校にナイショで有志の英語勉強会の先生もしてもらいとてもお世話になったものです。初めて通う学校としてここを選んだのは正解だったと思います。仕切りたがりのRetired manがクラスにいたときは逃れられなくて困りましたけど。

東京に戻り通訳専門学校に通い始めたころ、地域情報誌で見つけた「英語教えます」の文字。それがアメリカ人ナンシーとの出会いでした。通訳学校の授業はとても厳しく、毎回消化不良で終わるという感じでした。すこし息抜きに会話をしてみたいと思い電話をしてみました。一時間3,500円の個人レッスンです。会ってみて驚いたのは彼女はたいへん聡明で時事問題などにもたいへん明るかったこと。はじめ会話をお願いしていましたが、思い切って通訳学校の勉強のチューターをお願いすることにしました。時事問題に明るいはずです。彼女は国連英検の面接官や英検1級の面接官をしていました。彼女がいなかったら通訳学校の授業はただのお金の無駄遣いになっていたはずです。大きな声ではいえませんが、宿題もずいぶんお世話になってしまいました。残念ながらナンシーはフランス人の夫とともにフランスに行ってしまいました。

現在はナンシーの紹介でオーストラリア人のベティに個人レッスンをお願いしています。通訳学校のほうはすでにドロップアウトしており、今はのんびり日常会話を楽しんでいます。ナンシーにはTime誌やNewsweek誌といった宿題の読解や、中東問題など難しい国際関係問題について習っていましたので、日常会話は苦手でした。はじめは英語が口から出てこなくてとてもいらいらしました。ベティに習い始めてもう2年くらいになると思いますが、初めよりはずいぶんスムースに英語が出てくるようになったと思います。ベティにも、「初めて会ったときよりずっと反応が早い。今は英語を英語で理解しているでしょう?」と言われちょっと嬉しいです。
ただし会話の内容といったら、犬のこと、食べ物のこと、生活のことなど、ゆるゆるなもの。
でもすっかりお友達感覚で気づくと1時間半も話していることも。ベティは、「It's my
prerogative.」と言って笑ってくれているのでご好意に甘えています。

そろそろ、このゆるゆる状態から抜け出そうとまたTOEIC受験を思い立った次第です。
[PR]
by earthquest1120 | 2004-07-27 01:28 | Eigoは いかが?

勢いとは恐ろしいもの

1997年に受けた初のTOEICで予想外の高得点を取って気を良くしたwatashiは
それからもマイペースで勉強を続け、1999年、再びottoの転勤で東京に戻ることになったとき、ひとつの決意をしていました。

東京に戻ったら絶対、某通訳専門学校で勉強する!

4月、東京での生活を始めると同時に入学したかったので、3月に、2時間かけてプレイスメント(クラスわけ)テストを受けに行きました。

この学校には同時通訳コースと英語専修コースがありますが、もし同時通訳コースを受講したい場合には、両コースに共通のテストのほかに、さらに適正テストを受ける必要がありました。watashiはさすがにそこまでは、と思ったので、共通テストのみ受けました。

この共通テストは、それまで経験したことの無い難しさでした。時事英語に疎かったwatashiはリーディングもリスニングもちんぷんかんぷん。
学校側の説明では、このテストでいい点が取れたら学校に来る必要は無い、半分できれば英語専修IIIか、同時通訳コースの一番下に入れますとのことでした。

そして英語専修IIIクラスに入学が決まりました。

しかし、クラス分けの結果通知に記されたwatashiの「テスト評価」を見て大ショック。

Grammar ・・・・・・・・・・・・・・・・・I.N.
Reading/Vocabulary ・・・・・・Fair
Listening  ・・・・・・・・・・・・・・・ Fair

評価は Exc=Excellent(文句なし), V.G.=Very Good(大変良い), Good=Good(良い), Fair=Fair(まあまあ), I.N.=Improvement Needed(努力が必要). なのです。

よくてFair, GrammarにいたってはI.N.・・・。とほほ。

自分の甘さを思い知り、半年間やっていけるかしら、といきなり弱気になった瞬間でした。
[PR]
by earthquest1120 | 2004-07-21 14:02 | Eigoは いかが?

きっかけ

習い事なら、なんでもよかったのです。

1996年夏ottoの転勤のためそれまで勤めていた外資系の会社をやめ、とある地方都市に引っ越しました。東京へ通勤している人もたくさんいましたが結婚している身に片道2時間近くかかる距離が苦痛に感じ、後ろ髪を引かれる思いで退職したのでした。

忙しい共働きから突然何もすることの無い日々。近所に友達もいません。
otto以外誰ともしゃべらない日が続くと、だんだん気が狂いそうになってくるのでした。

これではいけない。何か始めなければ。

そこで、OL時代、海外からの電話にしどろもどろになり、情けない思いばかりした英語をもう一度習ってみようと思ったのでした。

さっそく近所の小さな英語学校をたずね、入学しました。

某研究学園都市に隣接しているためか、研究職の方など、比較的レベルの高い
人たちの間に入り最初は悪戦苦闘でした。
なんとかついていきたいと思い、猛勉強開始。学生時代には考えられなかったこと。

あのころ、毎日自分に課していたのは
 ☆ケンブリッジの「Grammar in Use」を一日1unitやる。英文はすべて音読。問題は答えだけを書き出すのでなく、One sentenceをきっちりノートに書き写す。
 ☆ラジオ講座(英会話入門、英会話、やさしいビジネス英語)をすべて録音し、講座の中で講師とゲストが交わす英語のやり取りをすべて一字一句ノートに書き写す。(ディクテーションですね)
 ☆録音したテープはICリピート機能つきプレイヤーで一文ずつ再生し、テープと同じスピードで、テキストを見ずに言える様何度も繰り返す。
      
当時はラジオ英会話の冒頭にゲストの短いスピーチがあり、これを聞き取って書き写すのはとても大変でした。でも、ネット上でこのスピーチを聞き取って内容をUPしている方がいたので、それとつき合わせながらどこが聞き取れなかったのかじっくり調べる。やさしいビジネス英語は初め全く聞き取れませんでした。それでも聞くだけ聞いて、テキストはじっくり読み込みました。

 ☆辞書は英英辞典を使い、単語の意味は英語でノートに書きだす。
 ☆その他、学校の宿題。

これだけで半日、いやそれ以上かかりました。そのうち英語学校で気の会う人も出来て、自宅に先生を招いていっしょに習い始めたり、某研究学園都市にできた通訳学校に入ったりして(初心者クラスです)、多いときには週に4日英語を習っていました。

一年もしないうちに、あんなに難しく感じた「やさしいビジネス英語」が、いつの間にか聞き取れるようになっていました。転勤族の宿命で、この都市にいるのもせいぜい2-3年。この間に何か試験を受けてみよう。

そして、受けた英検準一級・・・・合格。
TOEIC 1997年9月 845点

英語を習い始めて一生懸命になることで当初の寂しさもすっかり忘れていました。なにより、習い始めたころは周りの人がみな達人に見えたのに、この都市を去るころには自分の英語が確実に上達したとはっきりわかるようになったことだけでも大きな収穫でした。

しかし、東京に戻ってみると、上達したと思われたのは全くの井の中の蛙、まぼろしだったと思い知るのです。
[PR]
by earthquest1120 | 2004-07-18 21:52 | Eigoは いかが?


東京郊外のマンション暮らし。watashiの何気ない毎日。いまはワンコカテゴリーとつぶやき系でのんびり更新中。


by earthquest1120

プロフィールを見る
画像一覧

ちょいと寄ってってくださいな。


メールはこちら♪
↓クリック



別館はこちら↓



Capture The Moment

写真がメインのブログです

カテゴリ

Watashi のじかん
Earthの にちじょう
Costco まにあ
Eigoは いかが?
ビジネス英会話
80s おんがく
Hanaの いやし
inuと おでかけ
Tabiの きおく
Profile

ライフログ

以前の記事

2015年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧