カテゴリ:Tabiの きおく( 2 )

セイシェル

今日の世界不思議発見はセイシェル特集ですね♪

とても素朴で不思議な風景のいっぱいな島。

最後の楽園・・・もう一度行きたいな~。

テレビを見ながら、古いアルバムを引っ張り出してみました。
シンガポール経由セイシェル空港へ着いたら後はこの小さな国内線で移動
                           ラディーグ島観光は牛車で
a0035678_21385888.jpga0035678_21391453.jpg
映画の舞台にもなった奇岩群        ゾウガメとごあいさつ
a0035678_21392583.jpga0035678_21393891.jpg
海の色はエメラルドグリーン           アンスラジオ a0035678_213949100.jpga0035678_21395569.jpg
人っ子一人いない海岸を独り占めさa0035678_2140371.jpg
登場の人物は11年前のwatashi。   
今と太さがちがうって言ったの誰!?
[PR]
by earthquest1120 | 2006-12-16 21:01 | Tabiの きおく

どこかに行きたいな



create your own visited country map

訪れた国をマークできるウェブサイトがありましたのでやってみました。全世界のほんのわずかの国を訪れたにすぎません。
Costcoの本拠地アメリカにも行ったことがないのに夢中になってしまってお恥ずかしい限り。まだまだ行ってみたい国、たくさん。

マークの付いている国々

グアム・ハワイ
ニュージーランド   
   新婚旅行だ~! 海外旅行慣れしていなかったのでツアーガイドさんつきの大名旅行。
カナダ          
   カナディアンロッキーを満喫 大名旅行第二弾。次に行くときはレンタカーだ。
フランス(2回) 
   小さなホテルやコンドミニアムに滞在し、朝市(マルシェ)やスーパー、美術館めぐり。
   にわか仕込みのつたないフランス語を駆使してTGVのチケット(リヨン行き)を
   ゲットできたときはかんど~。地下鉄もずいぶんと乗り回しました。
   旅行者の皆さん、お店に入るときは最低限ボンジュール、出るときにはメルシー、オル
   ボワールの挨拶だけはいたしましょう。watashiはブランド物には興味がありませんが
   一度日本人でごった返すお店に行ったとき、店員にボンジュールといったところ、その人
   は他の日本人には目もくれず、watashiと友人のために店の奥から品物を出してきて
   くれたりと、とても良くしてくれました。挨拶のおかげ、と思っています。とくに日本人が
   フランス語を口にするととても珍しがって喜びます。
モナコ 
    フランスのニースから、地元のバスでお隣のモナコへ。途中グレース王妃が事故で亡
    くなった現場も通ります。F1コースやカジノ周辺をトラムで回りました。
フレンチポリネシア(タヒチ) 
    ホテルボラボラの水上コテージとプールつきfareに宿泊。
    到着日ホテルに着くと手違いで水上コテージが一泊分取れていなかった。代わりに
    用意してくれたのがプールつきファレ。100平米を超えるビーチサイドのコテージ。
    そして、お詫びにと水上コテージは「オテマヌ山」に一番近い、世界のVIPでも
    予約が難しいといわれる一番いいコテージに入れてくれました。帰りたくなかったぜ。
セイシェル共和国 
    セイシェルの夕日は松田聖子の歌でもおなじみ。日本人観光客は年間1,000人も
    いない秘境です。ラディーグ島内の移動は牛車。マヘ島のボーバロンベイ海岸の砂は
    まるで「小麦粉」のようにきめが細かい。アンセラジオはこの世のものとは思えない美
    しい海岸。イギリス人に人気の島です。イギリスからBAの直行便が飛んでいます。
    日本からですとシンガポール経由でセイシェルエア、という週一のフライト利用です。
    同じ日にセイシェル入りした日本人カップルが旅行中海でお亡くなりに。しかもその
    カップルはwatashiの会社の同僚の友人の友人。同じ日に、しかもセイシェルなんて
    いうマイナーなところに行くということで事前に話を聞いていて、話もした相手だっただ
    けにショックが大きかった。
モルディブ共和国 
    沢山の島の中からマクヌドゥアイランドに滞在。
    環礁の外まで出て行ってつりをしたり、小さな無人島訪問など、アクティビティ満載。
ケニア  
    ヨーロッパ経由でしたが黄熱病の予防接種を受けて行ってまいりました。アフリカは遠
    いです。行くのに2日くらいかかります。ヨーロッパ経由でなければ、インドで一泊しなく
    てはなりません。
    サファリ&気球によるサバンナの旅。ナクル湖のピンクフラミンゴの群れは圧巻だが
    ちと鳥くさい。湖岸をキリンの一家が縦一列になってゆっくりと歩いていく様が目に焼き
    ついている。フィグツリーロッジのテント脇の川にはカバがいたり、ヒヒがうろついたり
    とワイルドな日々。道中はガイド兼ドライバーのアフリカ人と私たちだけでまるでプライ
    ベート旅行。ガイドはかの長島茂雄氏がアフリカ訪問したときも同行したベテラン。
    おかげでビッグ5といわれる動物たちともれなくご対面。
    他のツアー客は一台の四駆に5-6人詰め込まれて動物ウォッチングもままならない
    様子でした。ottoの会社でケニアに行ったってひとの話は聞かないが、watashiの
    いた外資系は常勤8人のうち3人がケニア経験者だった。それだけヒマ、ってこと?
    
オランダ 
    ケニヤ旅行の経由地です。アンネフランクの隠れ家とか、Daik(水路)を巡りました。
フィジー 
    ガメアアイランドリゾートに滞在。日本人はほとんどいません。
    陸上からのアクセスルートがなく、国内線と車の移動の後船で海からの訪問となりま
    す。素朴。夕食前になるとゲストが三々五々レストランに集まり、あちこちで話の輪が
    出来、そのまま同じテーブルで夕食をとる、というスタイルは多少でも英語ができない
    とかなりつらいです。私も辛かったっす。グアバジュースは裏の畑の採れたてを出して
    くれてとても美味しい!
    国内線はセスナです。飛行場もオープンエアの建物があるだけ。空港名物、巨
    大な体重計。他のお客の面前でこれに荷物と一緒にのって、重さを量られます。
    いや~荷物が重くって、と言い訳を言ってみたり。
    危うく違う島行きのセスナに乗り込みそうになりました。だってチケットのチェックとかし
    てないんだもの。
[PR]
by earthquest1120 | 2004-10-05 10:45 | Tabiの きおく


東京郊外のマンション暮らし。watashiの何気ない毎日。いまはワンコカテゴリーとつぶやき系でのんびり更新中。


by earthquest1120

プロフィールを見る
画像一覧

ちょいと寄ってってくださいな。


メールはこちら♪
↓クリック



別館はこちら↓



Capture The Moment

写真がメインのブログです

カテゴリ

Watashi のじかん
Earthの にちじょう
Costco まにあ
Eigoは いかが?
ビジネス英会話
80s おんがく
Hanaの いやし
inuと おでかけ
Tabiの きおく
Profile

ライフログ

以前の記事

2015年 01月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 01月
2013年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧